弁護士への相続相談の必需品

弁護士に相続相談をする際には、予め準備しておくと良い資料があります。

法律事務所によっては、事前に必要事項を整理するシートを用意している場合もあるため、全ての項目を埋められるように情報収集・整理を行うようにします。

まず、相続の権利がある人全員と、故人の関係を整理した相続関係図です。

全員の同意が必要になるため、モレのないように作成します。


次に、人の預貯金や有価証券、不動産など故人名義の全財産について一覧に整理しておきます。

All Aboutに関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

また、借金など負債についての情報も重要です。
登記簿謄本がある場合に持参してください。また、遺言書のある場合は未開封の状態で持参します。
本当に故人本人が作成したものであるか、家庭裁判所で確認してもらう必要があるためです。



開封してしまうと、有効性に疑問が出てくることもあります。

内容は誰しも気になるものですが、スムーズに手続きを行うためにも、未開封の状態を保つことが大切です。

さらに、資料を用意するだけではなく、相談内容の明確化と心構えが必要です。



弁護士への相談の機会に、各相続人の主張を考慮した具体的な相談内容を、弁護士に口頭または文書で伝えることが大切です。

後で不満を言っても仕方がないので、主張したいことは予め伝えておきます。

円満な相続のため、弁護士は専門家としての視点から様々なアドバスをしてくれますが、弁護士への相談の機会十分に活かすために、お互いの主張に耳を傾け、妥協点を見つける努力を心掛けます。